> VoVS > 亀戸の美容室 VoVS(ボブズ)亀戸店 > Column > 解説!ヘアカラーを長持ちさせる方法を教えます

◆ Column ◆

亀戸の美容室 VoVS(ボブズ)亀戸店スタッフのブログです。

解説!ヘアカラーを長持ちさせる方法を教えます

VOVS亀戸店/ヘアカラーカテゴリー:◆Column

ヘアカラー

カラーバリエーションが増えてきたヘアカラー。

個性を出すために、複数の色をミックスして表現する人も増えてきました。

人気のヘアカラーですが、カラーを入れる為にはそこそこお金も時間もかかります。

手間暇かかったカラーは、なるべく長持ちさせたいですよね?

 

そんな貴女に必見!

ヘアカラーを長持ちさせる方法をこの記事で解説します♡

 

ヘアカラーが落ちてしまう理由とは

 

手ぐし

なぜ、カラーが落ちてしまうのか?

その大きな原因の一つは「シャンプー」のせいなんです。

 

カラーは薬剤で髪内部のメラニン色素を分解・脱色し、色がなくなったメラニンに染料を入れて髪に色をつけてゆきます。

そのため、ダメージを受けてキューティクルが剥がれやすくなっているのです。

その状態で、シャンプーをすると髪の健康に必要な「タンパク質」と一緒に「塗料」も流れ落ちてしまうのです。

 

カラーを持たせるためには、髪の毛のキューティクルを健康に保ち、タンパク質を維持することが大切です。

 

髪の毛の健康を維持することが、実は長くカラーを楽しむ秘訣なのです。

 

シャンプー次第で持ちが変わる!シャンプーを選ぶポイントは3つ

 

shampoo

どうしても、シャンプーをすればカラーは流れ落ちてしまいます。

特に、洗浄力の強いシャンプーは、塗料やタンパク質を多く流してしまうのでシャンプー選びはとても重要です。

シャンプーの選ぶポイントを3つ紹介しましょう。

 

1. アミノ酸シャンプー(洗浄力が強くないシャンプー)にする

 

アミノ酸は「タンパク質」でできていて、保湿効果も高く髪の質の補修にぴったりなシャンプーです。

ダメージで開いたキューティクルを閉じることで、流れ落ちる速度を落とすことができます。

 

2. 「ヘチマン」や「クエン酸」が含まれているものを選ぶ

 

成分の「ヘチマン」や「クエン酸」は、カラーした髪に残った薬剤を除去し、すこやかに保ってくれる成分です。

細く弱い髪にハリやコシを与えてくれます。

「ヘチマン」や「クエン酸」を配合したシャンプーを使うことをおすすめします。

 

3. 保湿成分の「シアバター」や「シリコーン」の配合がおすすめ

 

「シリコーン」は、髪をコーティングしてくれる効能があります。

キューティクルが剥がれて開いていると塗料が落ちるため、「シリコーン」などで髪の毛をコーティングすることで流出を避けます。

 

カラーシャンプーを併用すると更に良し

 

トリートメント

カラーシャンプーは、ヘアカラーの色持ちをよくし、きれいに褪色させる効果があります。

色の種類が豊富で「黄ばみを抑える」「赤味を抑える」など異なる特徴があるので、髪のカラーの色に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

カラーシャンプーは、地肌の洗浄力があるもの。

別のシャンプーで洗浄後に、髪の表面に付着させるもの。

 

などなど、カラーシャンプーによって使用方法も変わります。

必ず、購入したカラーシャンプーの使用方法にそってご利用ください。

 

| 紫シャンプーは、ホワイトやベージュ系のカラーに良い

 

紫シャンプーは黄色と補色の関係にあるため、黄色っぽく褪色しやすいホワイト・ベージュ系のカラーに良いです。

また、カラーをすると黄色っぽくなりやすい人にもおすすめです。

 

| ピンクシャンプーは、赤やピンク系のカラーに最適

 

ピンクシャンプーはピンク系の髪色の維持や、ピンク系に褪色させたい人に良いシャンプーです。

しかも、ほんのりピンクの髪色にカラーリングできるのも特徴です。

 

| シルバー・グレー系はシルバー・アッシュシャンプー

 

シルバーシャンプーはシルバー色をいれることが可能なです。

シルバー系の髪色の人やグレー・シルバーに褪色させたい人に向いています。

アッシュシャンプーは、青やグレー系のアッシュに良いです。

赤味を抑えることもできるので、青系のアッシュで赤味に褪色しやすい人にもおすすめです。

 

カラー後に気を付けること4箇条

 

てもみ

カラー後の対処方法を気を付けると、カラーを長持ちさせやすくなります。

 

1. カラー後は1日、可能であれば2日は頭を洗わない

 

カラーを入れたばかりの髪はキューティクルが開いていて、もっともカラーが流れ落ちやすい状態です。

しっかり髪の内部まで浸透するには1日~2日はかかるので、カラー後のシャンプーは1日~2日はあけるのがおすすめです。

どうしても気になる人は、洗い流さないシャンプーなどを使うのも良いかもしれません。

 

2. 髪を洗う適正温度は36~38度

 

髪を洗う温度は少しぬるめの36度~38度です。

熱いお湯はカラーを落とす効果があるので控えましょう。

 

3. アミノ酸シャンプーを使う

 

先述していますが、シャンプーはアミノ酸シャンプーを利用することが大切です。

 

4. カラーシャンプーを3日に1回使う

 

普段はアミノ酸シャンプーでケアをしながら、3日1回の頻度で自分のカラーにあったカラーシャンプーを併用しましょう。

褪色を遅らせたり、色味を足すことで褪色の過程も楽しむことができます。

 

 

–・・・–

 

カラーを長持ちさせる方法について解説しました。

いかがでしたか?

せっかく気に入ったカラーを入れたのに、すぐに落ちてしまったらショックですよね。

カラーを長持ちさせること。

また褪色してゆく過程を楽しむこと。

この記事を読むことで、ヘアカラー生活をエンジョイできことを願っております。

 

VOVS亀戸店ではヘアカラーのご相談も受け付けます。

vovs店舗情報

> VoVS > 亀戸の美容室 VoVS(ボブズ)亀戸店 > Column > 解説!ヘアカラーを長持ちさせる方法を教えます

page top

Access Map

ボブズ亀戸店

ボブズ亀戸店

TEL. 03-3682-2092(ご予約優先)

〒136-0071 東京都江東区亀戸2-20-7 百萬両ビル7F
総武線「亀戸駅」から徒歩1分
クレジットカード:利用可(VISA/MasterCard/JCB/American Express/Diners/銀聯/Discover)/PayPay

営業時間:10:00~19:00(平日)9:00~18:00(土日祝)
受付時間(最終入店):閉店時間~ カット 30分前
           カット&カラー 2時間前
           カット&パーマ 2時間前
           カラーのみ・パーマのみ1.5時間前
           カット&カラー&パーマ 3時間前
定休日:なし(年末年始はお休みとなります)